高血圧 弁当

高血圧のひとのお昼

高血圧とお弁当〜「作る」方法

高血圧が食事とのかかわりの深い症状であることは、再三ふれてきたとおりです。高血圧を改善するには、食事を見直し、塩分量を考えることは必要不可欠だからです。もしも今まであなたが、平日のランチを何も考えずに買い食いしていたなら、要注意。外食は総じて塩分が高めな傾向にあります。
また、とても疲れたときなどは塩分の多いものが食べたくなるものです。高血圧と診断されたなら、自分で計算して作ったお弁当を持っていくのが一番望ましいです。自分で作れば味も好みに作れますし、塩分量をきっちりはかることもできます。初めのうちは大変ですが、なれれば結構スムーズにいきます。男性でも女性でも「料理ができる」というのは大きなセールスポイントになりますよ!

高血圧とお弁当〜「買う」方法

しかし残業続きのひとなどは、「一秒でも長く寝ていたい…」と思ってしまうもの。実際、睡眠不足も高血圧の原因のひとつです。
また、「お弁当を作らなきゃ」「眠らなきゃ」「明日も仕事だ」と追い詰められるのはストレスの原因になり、これも高血圧によくありません。そのため、このようなケースの場合は、無理に手作りのお弁当を作らず、仕出しのお弁当に頼ってしまいましょう!高血圧向けのお弁当が望ましいですが、不可能なら、コンビニのお弁当などの成分をチェックし、塩分量をしっかり見極めましょう。このように「意識する」だけでも、大きく食生活の改善に貢献できます。