高血圧 レシピ

高血圧と食事レシピ

高血圧の食事について

高血圧の食事を考えたとき、必ず留意するように言われるのが「塩分」です。ガイドラインでは1日6グラム以下と、「普通に生活しているととってしまうかもしれない分量」がラインとして定められているため、かなり厳しい節制が必要になるでしょう。
また、肥満なども一因と言われていますから、余計に計算が大変です。高血圧の場合、ただのダイエットなどと違い、「カロリー」「栄養素」「食べる量」においてまで、すべての場面で節制が大切になってくるので、なかなか難しいのが現状です。そのため、一度は食餌療法の説明を受けることが望ましいです。特に、今まで料理をほとんどしたことがなく、ダイエットや栄養素を考えたこともなく、外食が中心であったひとの場合は、今後の生活のためにも必須でしょう。

高血圧の食事レシピ

もちろん、「高血圧 レシピ」で調べると、ある程度のことはわかります。しかしながら、やはり「ダイエット レシピ」で調べたときほどの件数はでてきません。そこでここでは、いっそ本を一冊買ってしまう、という手もあります。それ専門の本はたくさんでていますから、参考になるでしょう。本一冊分のレシピを作っていけば、そうそうあきるということもなく、ある程度バリエーションにとんだ食事ができるからです。
梅干や味噌汁といった、日本人にはなじみ深い食品やメニューであっても、塩分過多になってしまうケースがあるので、「自分が好んで食べる食材」の塩分含有量がどれくらいであるか、というのも、把握しておくのがよいでしょう。