高血圧 遺伝

高血圧は遺伝する?

高血圧は遺伝するか?

「高血圧は遺伝する」――――そんな恐ろしい話を聞いたことがありませんか?心不全などの原因にもなる高血圧が、生まれながらに「なりやすい」「なりにくい」と決められているなんて冗談じゃないぞ、と憤るひともいるでしょう。
でも残念ながら、この話、本当なんです。高血圧の両親を持った子供が、将来的に高血圧になる危険性は半数を超えます。およそ50〜60パーセントという驚異的な数値を誇ります。
父か母、片方だけが高血圧患者の場合は、25〜35パーセントとがくんと数値が落ちます。しかしこれでもまだまだ高い、というのは、「両方とも高血圧ではない両親」をもったひとと比較するとわかります。両親とも高血圧でないひとの場合、わずか10パーセントにも満たないのです。

「何が」遺伝するのか?

実は遺伝するのは、「高血圧症状自体」ではありません。「高血圧になりやすい体質」が遺伝するのです。考えてみてほしいのですが、両親が高血圧だったからといって、10歳未満の子供が高血圧である可能性が、60パーセントになるでしょうか?ならないですよね。
高血圧患者の多くは30代以降であるため、より正確に言うなら、「将来的に高血圧になる体質」が遺伝する、ということになるでしょう。遺伝的要因が強い場合、しばしば食事療法では対応できないということもあります。若くして高血圧になったのなら、医師の慎重な診断が必要とされます。